家庭教師仲間のはなし


by szlqyymg1b
 新党結成を目指し自民党離党を表明した鳩山邦夫元総務相は17日午前、新党への賛同者の数について「何とも言えない。いばらの道であり、ありとあらゆる所から批判されるのは承知の上だから、そう簡単に見通しを語るわけにはいかない」と明言を避けた。ただ「本来そうやって語り合ってきている同志は結構多いと思うし、電話でもいろんな励ましを受けている」と強調した。

 与謝野馨元財務相や園田博之前幹事長代理らの動きが慎重になってきていることには「迷惑をかけているかもしれないが、すべては今後だ。理解を求めていきたい」と語った。与謝野氏や平沼赳夫元経済産業相との会談の見通しについても「わからない」と述べるとどめた。

 実母からの資金提供をめぐり証人喚問などを求める声があることに対して「呼ばれればいつでも行く。何もやましいところはないし、刑事事件でもない」と述べ、応じることに前向きな姿勢を示した。都内の自宅前で記者団に語った。

【関連記事】
邦夫龍馬、離党から一夜で「新党」早くもいかんぜよ!
邦夫氏の突発的行動に周囲は困惑 執行部批判は収まらず
離党表明の邦夫氏、与謝野氏と意見交換 平沼氏との連携にも意欲
首相は「頑張って」と激励 鳩山邦夫氏が兄に自民離党を報告
山岡氏、鳩邦“政界再編”に「民主からは1人も…」
20年後、日本はありますか?

「社会保障への注力で平和に」―日医・唐澤会長(医療介護CBニュース)
新種鳥化石 地上走り回る ゴビ砂漠で発見(毎日新聞)
幻冬舎元局長、懲役4年判決 横領事件、東京地裁(産経新聞)
鳩山元総務相が自民離党(時事通信)
激変緩和で返済猶予へ=貸金業法改正で借り手救済−政府検討チーム(時事通信)
[PR]
# by szlqyymg1b | 2010-03-19 19:16
 民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)陣営に北海道教職員組合(北教組)側から計1600万円の違法な選挙資金が流れたとされる政治資金規正法違反事件で、小林氏が13日に、参考人として東京都内で札幌地検の事情聴取を受けることが、関係者の話で分かった。

 同地検は、北教組からの違法献金を小林氏が認識していたかなどについて聞くとみられる。

 同事件を巡っては、「小林ちよみ合同選挙対策委員会」で資金管理を統括していた木村美智留容疑者(46)が、2008年12月〜09年7月、北教組委員長代理の長田秀樹容疑者(50)ら北教組幹部から、衆院選のために4回にわたって、計1600万円の違法な政治資金を受け取ったとして逮捕された。

 札幌地検は小林氏陣営が、北教組側から資金提供を受けた経緯などについて、小林氏本人から説明を求めるとみられる。

 小林氏は木村容疑者の逮捕後、報道陣に対し、「木村容疑者から、北教組の資金提供について説明を受けたことはない。自分は何も知らなかった」と、献金を受けた認識がなかったと説明している。

消火器で消せなかった…札幌火災で当直職員(読売新聞)
天皇陛下が東ティモール大統領とご会見(産経新聞)
普天間移設 与勝沖に人工島案 政府内で検討(毎日新聞)
「もみ合い刺さった」殺意否認=漁船員殺害の裁判員裁判−釧路地裁(時事通信)
重体の小3男児も死亡=死者4人に、堤防道路事故−名古屋(時事通信)
[PR]
# by szlqyymg1b | 2010-03-18 12:09
【鳩山ぶら下がり】(12日夜)

 鳩山由紀夫首相は12日夜、首相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で昨年12月にルース駐日米大使と会談した際、日米合意案を容認したとの一部報道について、「そんなことを発言した事実はまったくない。会談の内容を申し上げるべきではないが、事実でないことは事実でないと申し上げる」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

 ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

 【SS逮捕】

 ――南極海で日本の調査捕鯨船に乗り込んだシーシェパードのメンバーが逮捕された。日本の司法手続きでメンバーが逮捕されるのは初めてだが、受け止めを。今後も予想される妨害活動にどう対応していくのか。また、オーストラリアやニュージーランドとの関係に悪影響を与えないか

 「うん。シーシェパードの行動は当然、捕鯨に対する思いってのは、いろいろ国によって、あるいは人によって、あろうかと思いますけれども、悪質な行為は大変危険ですしね、許されるものではない。こういった船に侵入してきたわけですから、逮捕されるということは当然であった。そのように解釈をいたします。したがって、日本において、しっかりと真実が明らかにされるというか、基づいて捜査がされる。そして裁かれるべきだと考えています」

 「しかし、このようなことで、オーストラリアやニュージーランドとの関係が悪化をするということにはならないと私はそう思います。やはり、行為の悪質性に対しては、当然、われわれとすれば、許されるものではないと思うもんですから、当然の行為をしているということであります」 

 「ま、捕鯨の是非に対して国の考え方がいろいろあるということは、当然、これは認めるべきだと思います」

 【B型肝炎訴訟】

 ――今日、国が被告のB型肝炎訴訟で、今日、札幌地裁が和解を勧告した。B型肝炎をめぐる裁判で和解勧告は初めてで、裁判長は、若いでは広い範囲の患者の救済を目指す考えを示したということだが、国として速やかに和解する方針か。今後の政府の対応を聞かせてほしい

 「和解勧告ではない。和解を進めるということではないかと思いますが、私ども政府としては、これを持ち帰らせていただいて、いのちを大切にする政府でありますから、暖かさと、しかし、冷静さと両方が必要だと思います。ま、いろいろと裁判のなかでも、さまざまな問題が出てきているわけですから、それをしっかりと見極める必要があると思っておりまして、政府として、これからどのように対応していくかということを、仙谷(由人国家戦略担当)大臣を中心に考えていくことに致しました」

 【普天間移設】

 ――普天間基地移設問題だが、首相が昨年12月15日、米国のルース大使と会ったときに「然るべき時期になれば日米合意に戻したい。任せてほしい」と述べたのは事実か。事実であれば、首相の発言が混乱を招いたという批判を招きかねないが

 「はい。そんなことを発言した事実はまったくありません」 

 ――でしたら、その日にルース大使とどのようなことを話したのか 

 「(ムッとして)会談の内容を、私が申し上げるべきではない。それは当然のことだと思います。しかし、事実でないことに対しては、私としては、事実でないと申し上げるべきだと思いますから、申し上げました」

 【法人税減税】

 ――今日、予算委で法人税について「減税の方向に導いていくのが筋」と述べたが、次回の税制改正で検討するのか。大企業を含めた減税を想定しているのか

 「はい。ご案内の通り、税調で議論をして、その結論の一つとして、租税特別措置法がありますよね。これによって、相当、公平性が必ずしも担保されない形で来ていたというのがありますから、租特を抜本的に見直すということは必要だ。そのことによって、課税ベースとを広げることは、やはり、やらなきゃいけないことだと思います。その中でね、大企業も中小企業も含めて、法人税のあり方を国際的標準を考慮にしながら考えていくということになったわけですから、中小企業だけの話ではありません」 

 【日米首脳会談】

 ――米国のオバマ大統領から、今日、核セキュリティーサミットへの招待があったということだが、日米首脳会談を行うということでよいか。普天間の検討状況も伝える考えか

 「ふん。まず、オバマ大統領と首脳会談を行うということを、まだ、今日きたばかりですからね。そのことを決めている段階ではありません。したがって、どういう内容にするかということも、まだ、会談が開かれるかどうかということも、わからない段階では、答えようもありません」

 「オバマ大統領も大変、当然、各国から沢山の首脳が来られるから、非常に多忙だとは、当然、予想されますし、そのようにうかがっています。首脳会談が開かれるかどうかは、決まっておりません。今日いただいたことです」

 【朝鮮学校】

 ――高校無償化における朝鮮学校の扱いだが、平野博文官房長官は会見では、客観的な評価機関という話だったが、4月実施には判断自体が間に合わないと思うが、朝鮮高校は除外されても仕方ないか

 「4月に間に合うかどうかよりも、正確を期すほうが大事ではないかと思います。したがって、評価機関という言い方が正しいかどうかはわかりません。しかし、政府、あるいは当然、文科省が中心になるわけですけれども、そこのもとで、何らか、客観的に評価ができるようなシステムというか、それを恒常的に作るかどうかというのは、また別です」

 「機関というと、何か恒常的にそういうものができるようなことを意味することになりますけれども、必ずしも、そのような必要性もないとは思っています。客観的基準を決めていくような何らかのシステムが必要ではないか。それを作ることが大事であって、それを今、3月中に全部やり終えるかどうかは、必ずしも、今、多分、文科省が考えている段階ではないと思います」

 【普天間移設】

 ――そろそろ就任半年ですが

 「はい」 

 ――普天間基地移設問題が政権最大の懸案事項となっているが、改めて解決への意気込みを

 「ありがとうございます。解決します。はい(笑)」

景気判断、上方修正へ=月例報告で8カ月ぶり−政府(時事通信)
参院福島に新人擁立=みんなの党(時事通信)
厳戒態勢の中、抗議活動も=「第2昭南丸」到着の東京港(時事通信)
<囲碁>謝女流名人が3連覇(毎日新聞)
ベッカム夫妻も愛用!マクラーレン専門ベビーカー泥棒(スポーツ報知)
[PR]
# by szlqyymg1b | 2010-03-16 21:08
 ■フランソワーズ・ジロー回顧展「ア・ライフ・イン・アート」

 フランソワーズ・ジロー。ピカソを知る人ならピンとくる名だろう。ピカソのミューズ(女神)として約10年間生活を共にし、2人の子を残した。しかし、画家だったことは知られていても作品は日本でほとんど知られていない。いま彼女の日本初となる回顧展が東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホール(銀座3の5の3)で開かれ、油彩画など約40点が公開されている。(渋沢和彦)

 展示会場に入り口付近に掛けられているペンとクレヨンによる「パブロ・ピカソの肖像」(1944年)。簡潔な力強い線で描写された顔は、真摯(しんし)で意志が強そうに見える。ジローのピカソへの尊敬と愛がにじみ出ている作品だろう。

 ジローは1921年、パリに生まれ、ソルボンヌ大学で法律を学んだ。61歳だったピカソと出会ったのは43年5月。パリのレストランでたまたま隣り合わせとなった。子供のころから画家になる夢を持っていたジローはピカソに出会ったことで、その道を強く歩み始めた。互いに愛も芽ばえ、ほぼ40歳の年の差を超え、約10年にわたり南仏で生活を共にした。

 やがて、クロードとパロマという2人の子供に恵まれた。ピカソはこの時期、ジローと2人の子供をモデルに愛らしい絵を多く残し、ジローもまた「炎の子どもたち」(52〜53年)など穏やかな作品を描いた。その時代の「果物のある静物」(52年)はピカソの影響が見てとれるものの、きっちりとした構図で直線と曲線が調和した風格の油彩画はジローの代表作といっていい。

 約10年間の同居生活もやがて破綻(はたん)する。ピカソの強い支配力に耐えられなくなったジローは、自らピカソの元を子供とともに去った。創作者としての強い思いがあったからこそ選んだ道だったのだろう。ジローは旺盛に制作活動を続け、作品からピカソの影響は消え、自由に羽ばたいた。

 「海を見渡す庭」(63年)などから徐々に事物の形が抽象化し、90年代には「シャーマンの霊力」「雨と太陽の光」など霊的で赤や青が印象的な独自の抽象画を構築した。ニューヨークとパリにアトリエを構えて制作活動を続け、88歳の現在も制作を続けているという。

 回顧展ではピカソに出会う以前の初期の陰影が強調された力強い具象画「漁師の娘」(42年)から、「エッフェル塔II」(2008年)までの近作で構成し、画家としての軌跡をたどる。ピカソが撮ったジローの写真なども展示されている。30日まで。入場無料。その後、茨城・笠間日動美術館にもマティス、ピカソの作品を加えて巡回する。入館料大人千円。

不法残留、10万人割る=法務省(時事通信)
茨城空港 開港、第1便飛び立つ 国内98カ所目(毎日新聞)
第39回フジサンケイグループ広告大賞(5)(産経新聞)
学習院が会見「直接暴力行為はなかった」(産経新聞)
大阪市雇用対策事業 受託会社が日誌改竄か(産経新聞)
[PR]
# by szlqyymg1b | 2010-03-12 04:10
 桃の節句の3日、航空機の操縦や機体整備などほとんどの業務を女性スタッフが担当する日本航空の「ひなまつりフライト」が運航され、羽田空港(東京都大田区)を飛び立った。

【写真特集】JALが昨年行ったひなまつりフライト

 フライト便は、午前9時半出発の熊本行き1803便(ボーイング767−300型)。まだ女性機長がいないため、機長と整備責任者は男性が担当したが、副操縦士や貨物の搭載、出発前の機体整備などは女性20人が手がけた。

 搭乗口には、桃の造花が飾られ、女性スタッフが横断幕を持って整列。副操縦士の立川円さん(32)が「いろいろな報道があるが安全と快適に注意し、一便一便運航していきたい」とあいさつ。乗客約150人に手書きのメッセージカードやひなあられをプレゼントした。

 全日空も同日、同様に「ひなまつりフライト」の航空便を羽田空港から運航した。【平井桂月】

【関連ニュース】
【写真特集】全日空:「モヒカンジェット」20年ぶりに復活
【写真特集】羽田でみられる飛行機図鑑
【写真特集】世界最大の旅客機 エアバスA380
【写真特集】羽田空港 Tokyo International Airport

小沢幹事長と創価学会接近説 参院選後に「民主-公明連立」?(J-CASTニュース)
秋田市などで震度3の地震(読売新聞)
増税前に外国たばこ値上げ 財務省認可(レスポンス)
津波一過 悲嘆の浜 養殖業「もう駄目」 三陸沿岸(河北新報)
米の核抑止力削減に懸念 事務レベル協議で日本側(産経新聞)
[PR]
# by szlqyymg1b | 2010-03-10 18:48